webmaster@tronya のすべての投稿

お参りいただきましてありがとうごいます

本年はコロナ禍ということもあり、例年とはちがう二つ児参りとなりました。コロナウィルス感染対策にご理解とご協力いただきまして誠ありがとうごいます。

5日間の二つ児参りも無事終了したくさんの方にお参りいただきました。重ねて御礼申し上げます。

ご好評いただいておりますフォトコンテストを開催しておりますので、ふるってご参加ください。申込みの締め切りは9月末日となっております。

詳しくは、「二つ児参りフォトコンテスト」のページをご覧ください。

令和2年 二つ児参りの開催について(修正版)

本年の北山漆薬師如来祭礼 二つ児参りは、9月5日(土)・6日(日)・7日(月)・8日(火)・9日(水)の五日間の開催を予定しております。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、参拝時間を 9:00~15:00 に短縮いたします。

参拝に関しては、ソーシャルディスタンスの確保、検温、参拝順路の順守、マスク等の着用、手指消毒、記帳などをお願いいたします。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

『ご祈祷』は郵送扱いといたします。
お申込みは、現地にて、期間中随時受け付けております。お待たせする場合もございますので、時間に余裕を持ってお出かけください。

また、当ホームページにて9月8日(火)まで受付いたします。申込みは、下記の申込みフォームからお願いいたします。

ホームページからの受付は終了しました。

二つ児参りの様子

二つ児参りって、どんなことをするの? 二つ児参りの所以、参道から本堂までの道のり、ご祈祷の様子をご確認いただけます。

 

二つ児参りフォトコンテスト開催

本年も、ご好評を頂いておりますフォトコンテストの開催を予定しております。詳細は、「二つ児参りフォトコンテスト」のページにて。

皆様方のご参拝を心よりお待ち申し上げております。

 

比べる癖をやめると楽になる

光明第215号より抜粋
 あの人に比べて私はダメ(まだまし)、あの家と比べて家はまだまだ(いいほう)と、他と比べて自分の位置を確認する人は少なくありません。しかし、他と比べて喜んでも、悲しんでも、安心しても、残念ながら、ほとんど役に立ちません。
●他人を傷つけ、己を失う
平穏 私が好きな言葉に「比べて喜ぶと人を傷つける。比べて悲しむと己を失う」があります。
 テストで90点を取った人が80点の人と比べて「勝った」と喜べば、相手は不愉快になるでしょう。つまり、相手を傷つけているのです。また、90点の人が「100点の人に負けた」とガッカリすることもあります。
 先生や審査員は順序をつけますが、本人たちによって、順位はどうでもいいことなのです。これは成績だけでなく、財産や才能などにもいえることでしょう。
 仏教も、自分の心を乱すことを他人と比べずに一つ一つ解決して、心おだやかな境地を目指す教えです。
●昔の自分と今の自分は比べてもいい
 その中でも、比べても良いものは、過去の自分と今の自分。昔の自分はできなかったことができるようになった。若い時は些細なことでイライラしていたのに、年をとったら「そんなものさ」と鷹揚に構えていられるようになった・・・などは、比べてもいいのです。
 もちろん、昔より劣ってしまったこともあるでしょう。年を重ねて気力も体力も記憶力も落ちたとうなだれることもありますが、劣った部分を凌駕して余りあるほど成長したこともあるでしょうから、嘆くには及びません。

除疫札をお配りしております

緑が眩しく初夏らしい気持ちの良い季節になりました。

除疫札

新型コロナウイルスの影響により、自粛や制限のある生活が続いております。総本山の長谷寺においては、コロナウイルスが一日も早く終息し、また感染を被らないようにと『除疫札(じょえきふだ)』をお配りしています。

この御札は、かつて疫病が蔓延した時代にそれを鎮めるために仕立てられました長谷寺に古来より伝わる版木を基に復刻してお加持したものです。

松音寺にも届けられ、檀家さんに除疫札をお配りいたしました。

また当然のことですが、松音寺でも皆様の安寧を願い、日々祈りを捧げております。

新年度が始まりました。

img01暖冬の冬ではありましたが、雪がちらつくなどまだ寒い日があります。

新型コロナウイルスの影響で、様々な社会活動や私たちの生活が自粛、制限の状態にあり、これまでの新年度とは違ったスタートとなりました。

少しでもはやく、いつも通りの生活が戻ってくることを願っております。

春のお彼岸の期間

今年は雪も少なく過ごしやすい日々でした。三月に入ると温かい日が続くようになるでしょう。

ふきのとう

春のお彼岸は、次のとおりです。

  • 3月17日(火) 彼岸入り
  • 3月20日(金・祝) 中日(春分の日)
  • 3月23日(月) 彼岸明け

お彼岸を機に、忙しい日々を過ごし普段は掃除が行き届かないお仏壇や仏具を時間をかけて丁寧に掃除し、お清めしてはいかがでしょうか。

年頭のご挨拶

i-nezumi9謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
皆様にとって希望に溢れる一年となりますよう心からお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

木魚のお話し

真言宗豊山派の季刊誌「光明」第213号より、『木魚のお話し』をご紹介します。

葬儀や法事などで目にする木魚。身近な仏具のひとつです。

●木の魚?

木魚の始まりは、魚板(ぎょばん)と呼ばれる魚の形をした木の板だったと言われています。やがて形がかわり、現在のような丸くて中が空洞になりました。魚をモチーフにしているのは、魚は寝ているときでも目を閉じないことから、修行者が寝る間も惜しんで精進するようにという戒めの意味が込められているとのことです。

●なぜ使うの?

お経を唱えるとき、早くなったり遅くなったりしまいがちです。むかし、高野山の僧侶が木魚にあわせてお経を唱えたところ、上手く合うようになりました。それ以来、木魚に合わせてお経を唱えるようになったと言われています。

●いんげんさん

木魚を伝えたのは、江戸時代初期に来日した明の僧・隠元禅師だと言われています。禅師は他にも明朝体という書体や精進料理、煎茶を広めました。インゲン豆も伝えたと言われており、隠元禅師が伝えた豆なのでインゲン豆と名付けられたとか。

●お寺だけじゃない

木魚江戸中期になると、木魚は歌舞伎の効果音として使われるようになりました。今ではオーケストラでも楽器として使用されています。木魚のポクポクは、お寺だけでなく様々なところで活躍しています。

さくら小学校 4年生、薬師堂にて森林学習

10月23日(水)、さくら小学校の4年生の皆さんが、芦沢 康 校長先生・田﨑奈々恵先生らと薬師堂に来られました。森林体験学習です。

さくら小 4年生

当山の住職が散策とお参りとを案内しました。

『毎年この時期、さくら小の児童の皆さんが体験学習に来山されます。とても楽しみにしています。

大人とは違う感性で、純真な質問に自分も勉強になります。子供たちの輝く瞳に見つめられ、あらためて襟を正してしまうような刺激を受け、新鮮な気持ちになり有難く思います。』(住職談)

児童の皆さんから、その時の感じたことを俳句にしていただいたのでご紹介します。

 

薬師堂をうたった俳句

薬師堂 けんこうねがい 叶かな

大竹 悠仁

はんたいの ことをするのが あまのじゃく

星 源太朗

あまのじゃく お寺のやねを 支えてる

目黒 勇人

薬師様 みんなの病を 治してね

遠藤 杏菜

こまいぬの たからのたまを 取りたいな

鈴木 健太

寺作り 石のほこらで すごしたよ

髙橋 悠仁

あまのじゃく お寺のやねを 支えてる

遠藤 大梧

たくさんたくさん歩いたら いろんなきのこが たくさんあった

奥川 莉玖

あまのじゃく お寺のやねを かついでる

鈴木 清悟

はらうち石 一生病に かからない

原 陽万里

こま犬の 口の中の石を 取ってみたい

内海 智希

薬師様 古い歴史を 守ってる

武藤 はなえ

あまのじゃく 建て物ささえて 守ってる

遠藤 和音

北山の 山にもいたよ あまのじゃく

五十嵐 心柚

薬師道 歩く道が きついよね

鈴木 楓太

山登り 足がつかれて また歩く

髙橋 宥

こま犬の くちの中には 玉がある

矢吹 遥真

どんぐりも 葉っぱについてた 薬師のお寺

遠藤 梨桜奈

こま犬の 玉を取りたい 力もち

石井 亮汰

はらうち石 みんなを治す すごい石

瀬戸 桃花

あまのじゃく みんなの事を みているよ

古川 杏樹

あまのじゃく はんたいすぎて 困ります

中川 彬瞳

2才の子 はらぶち石に お腹を向けよ

増尾 瑠夏

はらぶち石 はらの病を 治す石

磯川 瑛太