令和3年 二つ児参りの開催について

本年の北山漆薬師如来祭礼 二つ児参りは、9月4日(土)・5日(日)・7日(火)・8日(水)・9日(木)の五日間 の開催を予定しております。

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、参拝時間を 9:00~15:00 に短縮いたします。

■参拝について

ソーシャルディスタンスの確保、検温、参拝順路の順守、マスク等の着用、手指消毒、記帳などをお願いいたします。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

■ご祈祷について

例年ですと、お申込みをされた 1~複数組の皆様を受け付け順にて護摩祈祷をしておりましたが、密状態を避けるために、1組さまづつ堂内に入り、内陣参拝・五鈷杵加持・灌頂をします。後にお守り(二つ児念珠)とお供物(お護符餅)をお渡しいたします。

お名前の書かれた御祈祷札(木札)については、皆様お帰りの後に改めて護摩祈祷を修し、当日若しくは翌日、郵送にて発送いたします。

また、当ホームページから、お参り前日の18時までにお申込みされ方は、お参りの当日に全てをお渡しできます。

■ご祈祷の申込みについて

お申込みは、現地にて、期間中随時受け付けております。お待たせする場合もございますので、時間に余裕を持ってお出かけください。

■ご祈祷の事前申込について

当ホームページにて 9月8日(水)18時まで受け付けいたします。お申し込みは、下記の申込フォームからお願いいたします。

※事前申込みは終了しました。

 

内陣(ないじん)参拝(さんぱい)とは
お堂の中で、本尊薬師如来さまのいらっしゃる一段高くなっているエリアを内陣と言い、そこに立ち入ってお参りすることを内陣参拝と言います。

 

五鈷(ごこ)杵(しょ)加持(かじ)とは
五鈷杵と言う金色の法具(仏具)を用いて、お経や真言を唱え乍らその力をお授けすること。

 

灌頂(かんじょう)とは
本尊薬師如来さまの大いなる法力のこもった清らかな水である智慧の水を、散(さん)杖(じょう)という木の棒で頭頂にそそいでもらい、その力を頂戴することです。

 

二つ児参りの様子

二つ児参りって、どんなことをするの? 二つ児参りの所以、参道から本堂までの道のり、ご祈祷の様子をご確認いただけます。

 

二つ児参りフォトコンテスト開催

本年も、ご好評を頂いておりますフォトコンテストの開催を予定しております。詳細は、「二つ児参りフォトコンテスト」のページにて。

皆様方のご参拝を心よりお待ち申し上げております。